歯が痛くなる前に~予防治療~歯が痛くなる前に
~予防治療~

重要な役割を持つ歯を失わないために~予防治療~

重要な役割を持つ歯を失わないために~予防治療~

虫歯の治療で削った歯や歯周病で溶けてしまったあごの骨は、二度ともとには戻りません。そのため近年の歯科医療現場では、病気を治す「治療」よりも病気にならないようにする「予防」という考え方が重視されるようになってきました。

重要な役割を持つ歯を失わないために~予防治療~

鎌ヶ谷市初富のショッピングプラザ鎌ヶ谷別棟にある歯医者「あおい歯科医院」でも、患者様の将来の健康を守るために、予防治療に力を入れています。ご自宅でのセルフケアと歯科医院による専門的な予防処置を併用することで、大切な歯を守っていきましょう。

私たちの生活を支える、「歯」の存在感

歯の役割は、食事をしやすくするだけではありません。もちろんそれも重要な役割のひとつですが、人との会話やスポーツを楽しむときにも、歯は私たちを助けてくれています。

歯はさまざまなシーンで活躍しています
食べものを噛み砕く 食べものを噛み砕くことで、消化と栄養の吸収を助けています。また、胃や腸といった内臓への負担も減らします。
食事の楽しみを増やす 味だけでなく、食感もおいしさの大切な要素です。食べものをしっかりと噛んで食べることで、歯ごたえや歯触りが楽しめます。
異物を見つける 食感の違いによって、食べものに混入した骨や石といった異物を発見します。
発音を助ける 発音のよしあしには空気のもれ方や舌の位置が関係しますが、歯にはそれらを調整する役割もあります。
豊かな表情を生む 食べものを噛む動きで表情筋が鍛えられ、豊かな表情を生み出します。噛み方のバランスは、左右の顔のバランスにも影響します。
瞬発力を引き出す 奥歯を噛みしめると筋肉に力が入りやすくなり、瞬発力を引き出しやすくなります。

虫歯や歯周病にかかってしまうと、歯がこれらの役割を十分に果たすことができなくなってしまいます。美味しく食事をとるためにも、楽しくおしゃべりをするためにも、スポーツで高いパフォーマンスを発揮するためにも、歯の健康はとても重要なのです。

まずはクリーニングからはじめましょう

まずはクリーニングからはじめましょう

歯を守るためにもっとも重要なのは、毎日のお手入れ習慣です。しかし、どんなに丁寧にブラッシングしても、それだけではすべての汚れを落とすことができません。残った汚れが蓄積すると、着色汚れや虫歯、歯周病といったトラブルの原因となります。

まずはクリーニングからはじめましょう

蓄積した汚れを落とすためにおすすめの処置が、「PMTC」です。PMTCは、専門家による専用の機械を使った歯のクリーニングのこと。歯と歯の間や歯と歯ぐきの間などを含め、プラーク(歯垢)や歯石をしっかりと取りのぞくことができるので、セルフケアと併用すれば高い予防効果が期待できます。少しずつ蓄積していく汚れを落とすために、定期的に処置を受けることをおすすめします
※PMTCは健康保険適用外の処置です

予防のプロ「歯科衛生士」におまかせください

予防のプロ「歯科衛生士」におまかせください

歯科衛生士は、口腔ケアや歯科予防処置などについて学んだ予防治療の専門家です。検査などの口腔管理やメインテナンス処置、セルフケアに対するアドバイスを通し、患者様のお口の健康維持をサポートいたします。予防のことなら何でも、プロである歯科衛生士におまかせください。

上手なセルフケアで予防効果を高めましょう

上手なセルフケアで予防効果を高めましょう

ブラッシングには、歯ブラシの動かし方によって10数種類ものタイプがあることをご存知でしょうか。大きくは「毛先を使うブラッシング」と「毛の脇を使うブラッシング」の2種類にわけられ、前者はプラークを取りのぞく効果が期待でき、後者は歯肉のマッサージに効果的だといわれています。みがき方やケアグッズの種類によって違う効果があるため、組み合わせによって予防効果を高めましょう。

虫歯や歯周病の予防にはプラークの除去が重要なので、ここでは毛先を使うブラッシングのうち、代表的な2種類のみがき方をご紹介します。また、ブラッシング以外のセルフケア方法もあわせてご紹介します。

【バス法】

【バス法】

歯のつけ根に対して歯ブラシを45度の角度であて、小刻みに動かしてみがく方法です。歯周ポケット内部に歯ブラシの先が入り、プラークを取りのぞくことができるため、歯周病を防ぐ効果が期待できます。歯肉のマッサージ効果もあり、歯ぐきの血行が促されることでさらに歯周病の予防効果が高まります。
【スクラッピング法】

【スクラッピング法】

歯に対して歯ブラシを直角にあてて小刻みに動かす方法で、もっとも一般的なみがき方です。比較的かんたんでお年寄りやお子様にも身につけやすいため、多くの歯科医院で推奨されています。
【フロス】

【フロス】

絹糸や合成繊維などをより合わせた細い糸で、歯の間に通して歯面をこすることで、プラークや食べかすを取りのぞきます。弓状のものは安価ですが、奥歯のお手入れが難しいのであまりおすすめしません。奥歯に届きやすいY字状のタイプか、慣れれば指に直接巻きつけるタイプがおすすめです。
【歯間ブラシ】

【歯間ブラシ】

歯周病が進行して歯と歯のすき間が開いてきた方や、連結タイプの被せものを使っていてフロスが通せない方には歯間ブラシをおすすめします。歯間ブラシは適したサイズを使うと高い清掃効率が得られますが、小さいとほとんど意味がありません。大き過ぎても歯や歯肉を傷つける恐れがあるため、サイズはご相談ください。

新京成線初富駅より徒歩1分 あおい歯科医院の院内紹介・アクセスはこちら