歯を取り戻す方法~インプラント・入れ歯~歯を取り戻す方法
~インプラント・入れ歯~

まるで自分の歯のような自然な噛み心地を~インプラント~

まるで自分の歯のような自然な噛み心地を~インプラント~

インプラント治療とは、失った歯の機能をおぎなう補綴(ほてつ)治療の一種です。歯を失った部分のあごの骨(歯槽骨)にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋めこみ、それを土台にしてセラミック製の人工歯冠を装着します。インプラントは生体親和性の高いチタンでできており、骨としっかり結合するので、まるで自分の歯のような噛み心地が得られます。見た目も自然で、天然歯とほとんど見分けがつきません。

メリット デメリット
  • 自分の歯のように、噛む力がしっかり伝わる
  • 見た目が自然
  • メインテナンス次第で長期間使用可能
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 噛む力があごの骨に伝わるので、骨が痩せにくい
  • 自費診療なので、治療費が高額
  • インプラントと骨の結合を待つので、治療期間が長い
  • 外科手術が必要
  • メインテナンスが欠かせない
  • 糖尿病などの全身疾患があると、治療が受けられないこともある

鎌ヶ谷市初富のショッピングプラザ鎌ヶ谷別棟にある歯医者「あおい歯科医院」では、精度が高く安心・安全なインプラント治療のご提供に努めています。メリットだけでなく、デメリットやリスクについてもしっかりご説明いたしますので、ご納得いただいたうえで治療をお受けください。

当院のインプラント治療が安心安全な理由

インプラント治療を検討中の方にとって、もっとも気になるのが外科手術の安全性でははいでしょうか? 当院では患者様に安心して治療を受けていただけるよう、技術面でも設備面でも十分な体制を整えています。

インプラント学会認定医が施術を担当

インプラント学会認定医が施術を担当

外科手術をともなうインプラント治療には、豊富な知識と経験が求められます。しかし、患者様自身が歯科医師の持つ知識や経験を判断することは、現実的にはなかなかできません。その判断基準として設定されている制度が、ドイツ主催の国際インプラント学会である「ISOIの認定医」です。当院では、学会の認定を受けた歯科医師がインプラント治療にあたるので、安心して治療を受けていただけます。

法人ネットワークを利用した歯科用CT撮影

法人ネットワークを利用した歯科用CT撮影

当院の所属する医療法人三進会は、鎌ヶ谷市内で複数の歯科医院を経営しています。当院でインプラント治療を受けられる患者様には、その中のひとつである「みつはし歯科医院」にて歯科用CT撮影を受けていただいております。歯科用CTは、あごの骨の状態や神経の位置を3次元画像で詳細に把握できる撮影機器です。通常のレントゲンでは得られない立体的なデータに基づき、より正確で安全性の高い治療計画を立てることができます。

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、次のような流れで進めていきます。個人差もありますが、骨とインプラントが十分に結合するには数か月かかります。せっかく時間をかけて入れたインプラントを長期間維持していくために、治療後は継続的なメインテナンスを受けましょう。

1.歯ぐきの切開 2.ドリリング 3.インプラント埋入
1.歯ぐきの切開 2.ドリリング 3.インプラント埋入
歯ぐきを切開し、あごの骨を露出させます。 専用のドリルであごの骨に穴をあけます。 その穴にインプラントを埋めこみます。
4.結合を待つ 5.アバットメント装着 6.人工歯装着
4.結合を待つ 5.アバットメント装着 6.人工歯装着
インプラント全体を歯ぐきでおおい、骨と結合するのを待ちます。 骨とインプラントが結合したら、歯ぐきを切開して人工歯とインプラントを接続するアバットメントを装着します。 傷口の治癒を待って人工歯を装着します。
1.歯ぐきの切開
1.歯ぐきの切開
歯ぐきを切開し、あごの骨を露出させます。
2.ドリリング
2.ドリリング
専用のドリルであごの骨に穴をあけます。
3.インプラント埋入
3.インプラント埋入
その穴にインプラントを埋めこみます。
4.結合を待つ
4.結合を待つ
インプラント全体を歯ぐきでおおい、骨と結合するのを待ちます。
5.アバットメント装着
5.アバットメント装着
骨とインプラントが結合したら、歯ぐきを切開して人工歯とインプラントを接続するアバットメントを装着します。
6.人工歯装着
6.人工歯装着
傷口の治癒を待って人工歯を装着します。

吸着力に優れた快適な入れ歯を

下あごの総入れ歯をお使いの方の中には、「外れやすい」「すぐにずれる」というお悩みを抱えた方がたくさんいらっしゃいます。いつ外れるかわからない入れ歯を使っていると、食事や会話を思うように楽しめません。当院の院長は、独自の技術を駆使して吸着力を高めた入れ歯の製作を得意としています。引っ張ってもかんたんには取れないほど安定感の高い総入れ歯のご提供が可能なので、入れ歯でお悩みの方は一度ご来院ください。

【吸着力に優れた義歯の例】

下あごの総入れ歯は、『外れやすい』という悩みを持つが患者様が多くいらっしゃいます。
当院では、独自の方法を使い作成することで、より外れにくく、美味しくお食事して頂ける総入れ歯を作っています。
動画でいかに外れにくいかが伝わるかと思います。

保険と自費の入れ歯の違い

保険と自費の入れ歯の違い

歯科治療には、健康保険が適用される「保険診療」と適用されない「自費診療」があります。保険診療は費用の自己負担が少ないぶん、使用できる素材や構造が限定されています。一方、自費診療は治療費が原則全額自己負担になりますが、入れ歯の素材も構造も自由に選択することが可能です。見た目や噛み心地などを重視される方には、自費診療の入れ歯をおすすめしています。

保険診療の入れ歯   自費診療の入れ歯
決められた色や形のみ 見た目 色や形のバリエーションが豊富で、
自然な見た目が再現可能
レジン(歯科用プラスチック)のみ 床の素材 金属やシリコンなど
自由に選択可能
強度を確保するため厚みが必要で、
違和感を覚えやすい
装着感 金属なら薄くつくることができ、
違和感を覚えにくい
あまり高くない 強度 優れた強度が実現できる
噛む力が伝わりにくい 噛み心地 比較的噛みやすいものができる

入れ歯は歯みがき粉でみがかないで

入れ歯は歯みがき粉でみがかないで

入れ歯は人工物なので、お手入れの方法も自分の歯とは異なります。歯みがき粉を使うと、その中に含まれる研磨剤によって細かな傷が無数についてしまうので、入れ歯は歯みがき粉でみがかないでください。その傷から細菌やカビが繁殖し、口腔内環境を悪化させる恐れがあります。歯科医院で指導されたお手入れや管理の方法を守り、入れ歯を長く大切に使いましょう。

取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯
レジン床義歯 健康保険が適用される入れ歯で、床部分がレジン製。
メリット
  • 費用負担が少ない
  • 製作期間が短い
  • 修理や調整がかんたん
デメリット
  • 床部分に厚みがあり、違和感が出やすい
  • 壊れやすい
金属床義歯
金属床義歯 自費診療の入れ歯で、床部分が金属製。
メリット
  • 床部分が薄くつくれるので装着感がよい
  • 食べものの温度が伝わりやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 自費診療なので、治療費が比較的高額
  • 金属アレルギーを引き起こす恐れがある
ノンクラスデンチャー
ノンクラスデンチャー 金属製のバネ(クラスプ)を使用しない自費診療の部分入れ歯で、歯ぐきの部分がピンク色のシリコン製。
メリット
  • バネがないので見た目が自然
  • 弾力のあるシリコンなので装着感がよい
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 周囲の歯に負担をかけない
デメリット
  • 経年劣化で変色しやすい
  • 急激な温度変化に弱い
  • 食べものの温度が伝わりにくい
  • 自費診療なので、治療費が比較的高額

新京成線初富駅より徒歩1分 あおい歯科医院の院内紹介・アクセスはこちら