子供の歯を守りましょう~小児歯科~子供の歯を守りましょう
~小児歯科~

乳歯は虫歯菌の大好物です~小児歯科~

乳歯は虫歯菌の大好物です~小児歯科~

乳歯や生えたばかりの永久歯は大人の歯に比べてエナメル質が薄くてやわらかく、虫歯菌の出す酸でかんたんに溶かされてしまいます。再石灰化(溶け出したミネラル分が再び歯に取りこまれる作用)による修復能力も弱く、一度虫歯になるとすぐに進行してしまうので注意が必要です。

乳歯は虫歯菌の大好物です~小児歯科~

虫歯を防ぐにはお口の中を清潔に保つ必要がありますが、小さなお子様は自分の手で十分なお手入れがまだできません。虫歯からお子様の大切な歯を守るために、親御様が正しい知識を身につけて虫歯予防をサポートしてあげましょう。こちらのページでは、鎌ヶ谷市初富のショッピングプラザ鎌ヶ谷別棟にある歯医者「あおい歯科医院」が、小児歯科についてご紹介します。

虫歯をつくらないコツ

虫歯は細菌による感染症です。プラーク(歯垢)に潜む虫歯菌はお口の中の糖分を栄養源として取りこみ、かわりに酸を排出して歯を溶かしてしまうので、次のようなコツを守ると虫歯を防ぐのに効果的です。

おやつの時間を
決める
だらだらと時間をかけて食べていると、虫歯菌と糖分が触れ合う時間が長くなり、虫歯のリスクが高まります。食べる時間をしっかり決め、お口に虫歯の栄養源がない状態をつくりましょう。
おやつの種類に
気をつける
虫歯になりやすいのは「やわらかくて歯につきやすい」「食べるのに時間がかかる」「糖分が多い」という条件を備えたおやつです。キャラメルやチョコレート、あめなどを減らし、ゼリー、くだもの、豆類、いも類などをあげましょう。食後にキシリトール入りガムを噛むのもおすすめです。
食後はすぐに
ブラッシング
食事のあとだけでなく、おやつのあとも歯をみがきましょう。外出中でどうしてもブラッシングできないときは、口をゆすぐだけでも虫歯のリスクを減らすことができます。
定期検診を受診 虫歯を早い段階で発見できれば、少ない負担で治すことができます。予防処置やご自宅でのケアに対するアドバイスも可能なので、できれば歯が生えた時点で、定期検診の受診をはじめましょう。

お子様を歯医者嫌いにさせないために

お子様を歯医者嫌いにさせないために

お子様の歯を守るには、虫歯の予防や早期発見・早期治療が大切です。そのために重要となるのが、歯科医院で受ける予防処置や定期検診。歯科医院を定期的に受診する習慣は、高齢になったときの残存歯数にも大きく影響することがわかっています。将来にわたってお子様が虫歯や歯周病のトラブルで困らないように、親御様に今できること――それは、お子様を「歯医者嫌い」にさせないことです。

お子様を歯医者嫌いにさせないために

歯医者が嫌いになってしまうと、気軽に歯医者へ行けなくなります。そうすると、痛みなどの症状を我慢したり放置したりしてしまうことにつながります。虫歯や歯周病を放置してしまうとさらに大変な治療が必要になるだけでなく、最悪の場合は歯を失ってしまう可能性もあるのです。シーン別のちょっとした接し方の工夫で、お子様の意識は大きくかわってくるもの。一度に解決しようとせず、根気よく続けることが意識の改善につながります。

来院前編
「歯医者さん」を
脅し文句にしない
「そんなことしたら歯医者さんに連れてくよ!」などという言葉は、「歯医者さんは恐いところ」と思わせているようなものです。
騙さない
嘘をつかない
「見てもらうだけ」「痛くない」などといっておいて治療したり痛かったりすると、お子様に不信感が芽生えます。来院前には事実を正直に伝え、歯医者さんにいくことや治療の必要性を優しく教えてあげましょう。
機嫌のよいときに 治療はお子様にとってやはりある程度負担をともなうものです。その負担を減らしてあげるために、眠気や空腹を感じる時間帯を避け、できるだけ機嫌のよくなる時間帯にご予約ください。
歯科医院編
「痛い」という言葉を
聞かせない
心配のあまり何度も「痛くない?」と聞くお母様もおられますが、痛みを意識して泣き出すきっかけになることも。「痛い」という言葉をできるだけ聞かせないであげてください。
ママがリラックス お子様は、大好きなママの緊張を敏感に察知します。お母様がリラックスした笑顔を見せると、お子様も安心します。努めてリラックスした姿を見せるようにしてください。
治療後編
泣いたときも
叱らない
お子様が泣いてしまって治療が受けられなくても、決して叱らず、「次は頑張ろうね」と優しくはげましてあげましょう。ママのおひざのうえで、寝転んで口をあける練習をするのもおすすめです。
しっかり褒める 治療が受けられたお子様は、しっかりと褒めてあげましょう。お子様の自信につながり、次の受診への意欲になります。

お子様のこんなクセに要注意

お子様のこんなクセに要注意

「なくて七癖」というように、誰にでもちょっとしたクセはあるものです。しかし、お子様のクセの中には、歯並びが乱れる原因となるものもあるので注意が必要です。

指しゃぶり

指しゃぶり

指をしゃぶるときに歯や歯ぐきに不自然な力がかかり、歯並びが乱れることがあります。

くちびるを噛む

くちびるを噛む

頻繁に下唇を噛むクセがあると、歯並びが乱れる可能性があります。

舌で歯を押す

舌で歯を押す

舌で歯を押すクセがあると、歯が垂直に並ばなくなり、歯並びの乱れにつながります。

爪を噛む

爪を噛む

爪を噛むときにも歯に不自然な力が加わります。これも歯並びを乱す原因になることがあります。

口呼吸

口呼吸

常に口が開くのでくちびるで歯を押さえる力が働かず、歯並びはもちろん骨格や容姿に悪影響を与えることも。

頬杖をつく

頬杖をつく

下あごの成長が阻害され、歯並びが乱れる原因となります。

これらのクセは、歯に本来かからないはずの力をかけたり、かかるはずの力をかけなかったりするものです。それによって歯が正しい位置からずれてしまったり、骨の発達に悪影響を与えたりする危険性があります。これらのクセが気になったら、一度ご相談ください。

予防矯正で発育をサポート

予防矯正で発育をサポート

「予防矯正」とは、お子様に対する矯正歯科の治療分野です。乳歯の段階で歯並びや噛み合わせを考慮してあごの発達を誘導し、お子様の正常で健やかな発育をサポートします。歯並びが整うとブラッシングで効率的に汚れを落とせるようになるので、虫歯予防にも効果的です。

早期に対処することでさまざまなメリットが得られるので、お子様の歯並びが気になった時点で、矯正を専門で扱っている歯科医師がいる歯科医院を受診しましょう。当院では歯並びや噛み合わせの無料相談を行っており、矯正担当医が治療にあたります。

予防矯正のメリット
  • 将来本格矯正が必要になった場合の、抜歯の可能性が減らせる
  • 食べものが噛み砕きやすくなる
  • 栄養が効率的に摂取できるようになる
  • 正しい発音がしやすくなる
  • ブラッシングが行き届きやすくなる
  • 永久歯に対する矯正治療より、治療費や治療期間の負担が少ない

小児歯科処置メニューのご紹介

鎌ヶ谷市初富のあおい歯科医院では、次のような処置メニューでお子様の虫歯予防をサポートしています。

ブラッシング指導
ブラッシング指導 毎日のブラッシングは予防の基本です。お子様に合った歯ブラシの選び方から、歯並びに合わせたみがき方、親御さんに対する仕上げみがきの方法まで、丁寧にお教えします。
シーラント
シーラント 奥歯の溝は細く入り組んだ形状なので、歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい場所です。この溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさぎ、汚れが入りこむのを防止します。レジンは使っているとすり減るので、定期的な処置がおすすめです。
フッ素塗布
フッ素塗布 フッ素には歯質を強くし、虫歯に溶けにくい状態にする効果があります。効果を保つため、定期的に処置を受けましょう。再石灰化を促す働きもあるので、ごく初期の虫歯ならフッ素塗布によって治る可能性もあります。

新京成線初富駅より徒歩1分 あおい歯科医院の院内紹介・アクセスはこちら