お口のトラブルおまかせください~一般歯科~お口のトラブルおまかせください
~一般歯科~

その歯の痛み、放置しないで~一般歯科~

その歯の痛み、放置しないで~一般歯科~

「最近何だか歯が痛い」「冷たいものがしみるようになった」といったお悩みはありませんか? これらの症状は、虫歯のサインかもしれません。できたばかりの虫歯には痛みがないので、痛みを感じた時点である程度虫歯は進行していると考えられます。虫歯は風邪などと違い、放置しておいても自然に治ることはありません。最悪の場合は歯を失ってしまう可能性があるので、気をつけましょう。

虫歯は、進行すればするほど治療内容が複雑になり、治療費は高く、治療時間も長くなります。歯を大きく削ったり神経や歯そのものを抜いたりする治療は患者様の負担が大きいので、「治療の痛みが怖い」「忙しくて時間が取れない」という方ほど早めに歯科医院を受診しましょう。こちらでは、鎌ヶ谷市初富のショッピングプラザ鎌ヶ谷別棟にある歯医者「あおい歯科医院」が、虫歯をはじめとするお口のトラブルを治療する一般歯科についてご紹介します。

虫歯を放置する危険性

虫歯を放置する危険性

「少し前まで虫歯がすごく痛かったのに、ガマンしていたら痛くなくなった」という方がいらっしゃるかもしれません。しかしこれは虫歯が治ったわけではなく、虫歯が進行して歯の神経が死んでしまったことを意味します。そのまま放置していると、次のようなリスクが発生します。

  • 激しい痛みが再び起こり、腫れたり膿が出たりする
  • 複雑な治療が必要になり、通院回数や通院費用の負担が増える
  • 麻酔をしても治療時の痛みが抑えられなくなる
  • 身体の他の部分にも悪影響やトラブルを招く

治療しても虫歯が治らなければ、最終的に歯を抜かなくてはなりません。ですが、早期に虫歯治療を行うことでこれらのリスクは減らせるので、できるだけ早くご相談ください。

重度の虫歯は「根」から治します

重度の虫歯は「根」から治します

重度の虫歯を抜かずに治すには、「根管(こんかん)治療」という治療法が必要です。歯の根の中にある根管という細い管の内部には、歯髄(歯の神経や血管)が通っています。根管治療では、そこから虫歯菌に冒された歯髄を残さず抜き取り、きれいに洗い流して除菌したうえで薬剤を詰めます。

根管は細く入り組んだ形状なので、肉眼で内部を確かめることができません。しかし、少しでも虫歯菌に冒された部分が残ってしまうと、虫歯が再発してさらにひどい状態になってしまう可能性もあります。そのため根管治療には、高い技術力と丁寧な処置が求められるのです。

当院では拡大鏡を使用した精密な治療を行います。

当院では拡大鏡を使用した精密な治療を行います。
メーカー公式サイト:http://loupes.univet.it/

歯の根の中は非常に複雑な構造になっているため、肉眼での確認は困難です。そのため拡大鏡を使用することで、複雑な根管の様子も確認をしながら治療をすることができます。拡大鏡は肉眼の約2.5~6倍の拡大率を実現し、海外では治療に必須のアイテムとなっています。当院では虫歯治療から精密さが求められる外科手術までほぼすべての治療にこの拡大鏡を使用しています。

右図の画像は当院で実際に使用している拡大鏡で、イタリア製のユニバットというブランドです。アメリカで有名なサージテル、ドイツで有名なカールツァイスに並ぶルーペメーカーの一つです。洗練されたデザインと、他ブランドのルーペに比べて、歪みの少ない視野、歯の治療に最適化されたライトの光量など、随所にこだわった拡大鏡です。

拡大鏡の使用には様々なメリットがあります。

拡大鏡がもたらすメリットご紹介いたします。

<虫歯治療>

  • ・虫歯の取り残しがなくなり、再発のリスクが軽減される
  • ・健康な歯質を傷つけずに治療が行えるため、余計な痛みが抑えられる
  • ・肉眼では確認できない僅かな段差も研磨できるので、見た目がよい

<根管治療>

  • ・精密な根の神経の状態が把握できるため、長期にわたり再発のリスクが軽減される
  • ・口腔内はライトを当てても暗いが、強力なライトを照射することによってはっきり視認することができ治療の精度が増す

<歯周病治療>

  • ・歯にこびりついている細かい歯石まで完全に細かい歯石まで完全に除去できる
  • ・歯と歯茎の間まで確認できるため、歯石の取り残しを防止する
  • ・歯周病の治療に絶対的に必要な「つるつるな歯面」が実現できる

このほか、外科治療でも縫合が緊密になり治りが早いなど、様々な治療で効果を発揮してくれます。
「見えない」と「見える」のとでは治療結果、術後の経過に大きく影響を及ぼすのです。

拡大鏡以外にも、歯の根の治療には欠かせない最新機材を導入しております。

ニッケルチタンファイルの使用 X-smart Plusシステム

ニッケルチタンファイルの使用 X-smart Plusシステム

ニッケルチタンファイルとは、虫歯菌に侵された歯の神経を除去する器具の名称です。通常、根の治療にはステンレススチールという硬い素材を使用します。しかし、この素材は硬いため、根の中の汚れを完全に除去することができず、それが痛みの原因になってしまうことがありました。

それに対し、ニッケルチタンファイルは柔軟性に富んでいるため、必要以上に根を傷つけず根の先端付近まで汚れを取り除くことが可能です。さらに、X-smart Plusシステムというコンピューター制御の機械を導入しているため、理想的な速度と圧力で根の中の汚れを除去することができます。

日本での普及率は未だ、20%ほどと言われています。(海外先進国ではほぼ100%)
あおい歯科では、根の治療を重要視しており、治療に取り入れています。

「あごが痛い」「口をあけると音がする」~顎関節症~

「あごが痛い」「口をあけると音がする」~顎関節症~

口を大きくあけたときにあごのつけ根が痛んだり、カクカクという音がしたりすることはありませんか? 心あたりのある方は、顎関節症にかかっているかもしれません。顎関節症は自然に治るケースもありますが、悪化すると傷みやだるさが慢性化し、頭痛や肩こり、めまいといったトラブルを引き起こすこともあります。

鎌ヶ谷市初富のあおい歯科医院では、下記のような顎関節症の治療はもちろん、進行度の診断も可能です。全身に悪影響が出る前に、一度歯科医院を受診してみましょう。

顎関節症の治療法
スプリント療法 スプリントと呼ばれる専用のマウスピースを使用する治療法です。睡眠中に継続して装着することで噛み合わせを整え、顎関節への負担を減らします。
関節腔ヒアルロン酸
注入療法
あごのつけ根にヒアルロン酸を注入する治療法です。外科的処置の中では負担が少なく、安全に処置を受けることができます。スプリント療法と併用することで、治療効果の向上を図ります。

ご存知ですか?睡眠時無呼吸症候群

ご存知ですか?睡眠時無呼吸症候群

いびきは気道の圧迫や疲労、ストレス、アルコール摂取による筋肉の弛緩などが原因で睡眠中に生じる音のことですが、このいびきがひどくなると「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)」という病気になります。

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が何度も停止する病気です。10秒以上にわたって呼吸が停止する状態(無呼吸状態)が1時間に5回以上、もしくは7時間に30回以上起こる場合は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。睡眠中はあごの筋肉がゆるむので、下あごが下がって舌が気道に落ちこみます。この舌で上気道という空気の通り道がふさがれてしまうのが、睡眠時無呼吸症候群の主な原因です。

  • いびきの音が大きい
  • 日中に強い眠気を感じる
  • 集中力がない
  • 身体がだるく、熟睡した感覚がない
  • 朝起きると頭が痛い

これらはすべて、睡眠時無呼吸症候群の特徴です。この病気はさまざまな生活習慣病を引き起こす恐れもあるので、あてはまる人は放置せず、しっかりと治療しましょう。当院ではこの病気にくわしい内科の医師と連携し、治療にあたっています。噛み合わせの診察や内科クリニックでの呼吸器系検査を行い、それぞれの患者様に合った治療法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

口臭のお悩みを解消しましょう

口臭のお悩みを解消しましょう

「人と話していると、距離を置かれる気がする」「家族に口臭がきついと指摘された」など、ひそかに口臭のお悩みを抱えている方も珍しくありません。口臭にはお口の衛生状態に加え、精神状態や胃腸の健康状態など、さまざまな原因があります。

口臭の主な原因
お口の中の衛生状態悪化 歯周病
重度の虫歯 ストレス
消化器官(胃や腸)の病気やトラブル 朝起きたときや空腹時の生理現象
原因に合わせた治療計画
  • 原因に合わせた治療計画
  • 原因に合わせた治療計画
  • 原因に合わせた治療計画
  • 原因に合わせた治療計画

当院では口臭測定器を導入しており、臭いの原因を特定して効果的な治療計画を立てることができます。虫歯や歯周病が原因であればそれらの治療によって改善しますし、衛生状態が原因ならブラッシング指導や専門的なお口のクリーニング(PMTC)が有効です。

当院で使用している口臭測定器は、口臭の原因物質の成分を3つにわけ、それぞれのガス濃度を測定することで原因を特定する仕組みです。高精度な診断が可能なので、口臭の根本的な解決につながります。一度の検査では原因が特定できない場合もありますが、定期的な検査を受けることで、より正確な診断や処置が可能になります。

痛くなってからの治療より、痛くなる前の予防を あおい歯科医院の予防治療はこちら